H29 大規模水質特論 問10

ビール工場および清涼飲料水工場からの排水に関する記述として、最も不適切なものはどれか。

  1. ビール工場から排出される廃液は、醸造系の廃液に容器充塡工程の廃液が加わり、総合排水として処理される。
  2. ビール工場の排水処理において、活性汚泥法の前段にUASBが適用される例がある。
  3. ビール工場からの処理水を下水道放流する場合は、生物処理の後段に凝集沈殿+砂ろ過+活性炭吸着のフローを追加する必要がある。
  4. 清涼飲料水工場の製造工程からの排水中の有機物のほとんどは、糖質と有機酸である。
  5. 清涼飲料水工場からの総合排水は水質変動が大きいため、滞留時間が長いラグーン方式が採用されることがある。

 

 

 

 

 

正解 (3)

 解 説     

ビール工場の排水処理で有名なのは、(2)にもあるように「UASB法+活性汚泥法」です。UASBの特徴として、高濃度有機排水の処理に有用ですが、基準値以下まで一気に下げることは難しいです。そのため、UASBで大雑把にCODを除去して、後処理として活性汚泥法などを行うのが一般的です。

(3)のように下水道放流をするなら、上記の処理のみで基準値を満たすことができるので問題ありません。つまり、(3)に書かれている「凝集沈殿+砂ろ過+活性炭吸着」は必要ありません。

一方、COD総量規制地域(下水道放流ではなく湾などに放流するところ)にあるビール工場では総量規制に対応する必要があるので、「UASB法+活性汚泥法」に加えて、高度処理フローを追加する必要があります。この高度処理フローが、(3)に書かれている「凝集沈殿+砂ろ過+活性炭吸着」です。

ちなみに、この問題は(3)の内容よりは(1)、(2)、(4)、(5)の内容のほうが基本的かつ重要なので、消去法で答えてもよいと思います。(1)、(2)、(4)、(5)に記載されていることはぜひ覚えておいてください。

コメント