H29年 大規模水質特論 問7解説

コークス炉ガス精製排水の処理に関する記述として、誤っているものはどれか。

  1. 排水は、コークス炉ガスに水を噴霧して冷却する際に発生する凝縮水に、有機化合物や無機化合物がトラップされて排出されたものである。
  2. 脱安ストリッパーにおける蒸気ストリッピング処理でアンモニア、シアンを除去した後、活性汚泥法などで生物処理される。
  3. 排水に含まれる高分子の油分は、生物処理の前にコークフィルターで除去する。
  4. 活性汚泥の曝気(ばっき)槽では、有機酸を主成分としたBODを除去する。
  5. 生物処理水のSS及び残留する難分解のCOD、色度成分、りんなどは凝集沈殿で除去する。

 

 

 

 

 

正解 (4)

 解 説    

活性汚泥の曝気槽では、フェノールを主成分としたBODやアンモニア、シアン、チオシアンなどを除去することができます。

よって、(4)の「有機酸」が誤りで、正しくは「フェノール」となります。

コークス炉ガス精製排水の処理の流れは(1)~(5)を通して大事なので、ぜひほかの選択肢の内容も押さえておいてください。

コメント