H29 大規模水質特論 問6

水再利用に関する記述として、誤っているものはどれか。

  1. 水中の溶解性不純物を除去する手段としては、活性炭吸着、イオン交換、膜分離などがある。
  2. 冷却塔を使用する循環冷却水は、蒸発による大気への損失の他、水滴となって飛散したり、ポンプの軸受けや配管系の漏れとして失われる。
  3. 循環冷却系における塩の濃縮による障害を防止するために、薬液添加をする方式がとられる。
  4. 鉄鋼業関連などの直接冷却水の再利用を行う場合は、排水処理工程を経たのちに冷却塔で水温を低下させるプロセスがとられる。
  5. 半導体製造工程からの排水は、多種の有害物質を含むため、再利用には適さない。

 

 

 

 

 

正解 (5)

 解 説     

半導体は精密機械であり、塩分や不純物を含む水に弱いため、使うのは純水に近いきれいな水です。

よって、半導体製造工程からの排水は、(5)にあるように多種の有害物質を含むどころか、むしろ天然水と比較しても純度的にはかなり良い水であるため、再利用に適しています。

コメント