H28年 水質有害物質特論 問1解説

水質汚濁防止法に基づき省令で定められている排水基準において、有害物質とその許容限度の組合せとして、誤っているものはどれか。

  (有害物質)     (許容限度)

  1. ひ素及びその化合物 0.01mg/L
  2. 鉛及びその化合物  0.1mg/L
  3. 六価クロム化合物  0.5mg/L
  4. シアン化合物    1mg/L
  5. チウラム      0.06mg/L

 

 

 

 

 

正解 (1)

 解 説    

ひ素及びその化合物の許容限度は「0.01mg/L」ではなく「0.1mg/L」です。

排水基準の数値そのものを問う問題はあまり見掛けませんが、主要な項目については押さえておいたほうがいいかもしれません。

近年排水基準の変更があったのは、カドミウム及びその化合物とトリクロロエチレンの2つです。カドミウム及びその化合物についてはH26年に0.1mg/Lから0.03mg/Lに変更されました。トリクロロエチレンについてはH27年に0.3mg/Lから0.1mg/Lに変更されました。

コメント