H26 大規模水質特論 問8

製油所における排水処理に関する記述として、誤っているものはどれか。

  1. オイルセパレータ処理の下流で活性汚泥処理を行うと、排水中の油分濃度を下げることができる。
  2. 清浄雨水は、万一の油汚染を考慮してガードベースンを経由して放流される。
  3. プロセス排水中の硫化水素及びアンモニアは、最終的にそれぞれ硫酸、硝酸として回収される。
  4. バラスト水は、静置タンクで油分を浮上分離後、排水処理設備でさらに油分除去を行う。
  5. 排水からSSを処理する工程で、硫酸アルミニウムや塩化鉄(Ⅲ)などを添加するのは、SSの沈降速度を速める効果があるためである。

 

 

 

 

 

正解 (3)

 解 説    

プロセス排水中には硫化水素やアンモニアが含まれますが、硫化水素は硫黄として回収され、アンモニアはそのままアンモニアとして回収されるか、または熱分解により窒素となって回収されます。

コメント