H26 ばいじん・粉じん特論 問5

電気集じん装置の特徴に関する記述として、誤っているものはどれか。

  1. 圧力損失は、一般に200Pa程度以下である。
  2. 動作電流密度は、一般に0.3mA/m2程度である。
  3. 通常、粒子径0.1~1μmの粒子に対して部分集じん率が高くなる。
  4. 固結性を有する粒子には、つち打ちによる離が困難なため適用できない。
  5. 乾式では、装置内の基本流速は0.5~2m/s程度である。

 

 

 

 

 

正解 (3)

 解 説    

(3)の記述は反対です。電気集じん装置の特徴として、粒子径0.1~1.0μmの粒子に対して、部分集じん率は低くなります。

コメント