H25 大気有害物質特論 問9

JISによる排ガス中の塩化水素分析方法に関する記述として、誤っているものはどれか。

  1. 塩化水素を吸収液に捕捉し、塩化物イオンとして分析する。
  2. イオンクロマトグラフ法では、硫酸イオン、亜硝酸イオン、硝酸イオンを同時に定量できる。
  3. イオンクロマトグラフ法は、試料ガス中に硫化物などの還元性ガスが高濃度に共存すると影響を受ける。
  4. イオンクロマトグラフ法は、硝酸銀滴定法よりも定量下限濃度が高い。
  5. 硝酸銀滴定法は、試料ガス中に二酸化硫黄、他のハロゲン化物などが共存すると影響を受ける。

正解.4

イオンクロマトグラフ法は(2)の通り複数のイオンを同時定量でき、かつ、定量下限濃度も低いので有用な分析法です。つまり、定量下限濃度が硝酸銀滴定法よりも低いため、選択肢(4)の記述は反対です。

また、実際には上記のほか、(3)や(5)にあるような妨害物質の有無の関係で分析方法を選ぶことも多いです。(3)も(5)も大事な内容ですので、ぜひ押さえておいてください。

コメント