H25 水質有害物質特論 問15

塩素化炭化水素及びベンゼンの検定に関する記述として、誤っているものはどれか。

  1. 試料はガラス容器に泡立てないように静かに採取し、気泡が残らないように満水にして密栓する。
  2. ゴム栓やコルク栓は使用しない。
  3. 試験が直ちに行えない場合は、4℃以下(凍結させない)の暗所に保存し、できるだけ早く試験する。
  4. 溶媒抽出-ガスクロマトグラフ法では、検出器にはFIDを用いる。
  5. ヘッドスペース-ガスクロマトグラフ法では、塩素化炭化水素の検出にはECDを用いるが、ベンゼンにはFIDを用いる。

 

 

 

 

 

正解 (4)

 解 説     

水素炎イオン化検出器(FID)は、ベンゼンなど普通の(塩素を含まない)有機化合物をガスクロマトグラフで測定するとき、検出器として使えます。

一方、塩素化炭化水素をガスクロマトグラフで測定するときの検出器は、電子捕獲検出器(ECD)が使えます。

コメント