H25 水質有害物質特論 問14

ナフチルエチレンジアミン吸光光度法による亜硝酸化合物の検定に関する記述中、(ア)~(エ)の中に挿入すべき語句の組合せとして、正しいものはどれか。

( ア )溶液中で亜硝酸イオンにより4-アミノベンゼンスルホンアミドを( イ )化し、これと二塩化N-1-ナフチルエチレンジアンモニウムとを反応させて生じた( ウ )の( エ )化合物の発色の強さを測定する。

  ア     イ   ウ  エ

  1. 酸性    酸   青色 酸化
  2. 酸性    ジアゾ 赤色 アゾ
  3. 中性    アミド 赤色 アジド
  4. アルカリ性 ジアゾ 紫色 アゾ
  5. アルカリ性 酸   青色 酸化

 

 

 

 

 

正解 (2)

 解 説     

亜硝酸は酸なので、酸性下でイオンとして存在できます。よって、(ア)は「酸性」になります。

また、4-アミノベンゼンスルホンアミドに亜硝酸イオンを反応させると、両者のN原子同士が二重結合を形成します。これをジアゾ化というので、(イ)には「ジアゾ」が入ります。

また、ジアゾ化した化合物と二塩化N-1-ナフチルエチレンジアンモニウムとを反応させると赤色のアゾ化合物が生じます。この反応はいわゆるジアゾカップリング反応といわれます。よって、(ウ)が「赤色」で、(エ)が「アゾ」です。

コメント