H25 水質有害物質特論 問10

水質有害物質処理装置に関する記述として、最も不適切なものはどれか。

  1. 重金属の高度処理として、キレート樹脂塔はろ過装置の後段に設置される。
  2. 重金属の凝集沈殿装置では、共沈剤として塩化鉄(Ⅲ)が使用される。
  3. 凝集沈殿装置では、pH計の校正は毎日実施するのが望ましい。
  4. ふっ素吸着樹脂塔では、主としてN-メチルグルカミン基を交換体として用いる。
  5. 有機塩素化合物の活性炭吸着処理では、複数の充塡塔を直列に通水するメリーゴーランド方式が用いられる。

 

 

 

 

 

正解 (4)

 解 説     

ふっ素の選択吸着樹脂として用いられるのは、希土類水酸化物を交換体とした樹脂です。

N-メチルグルカミン形イオン交換樹脂で吸着除去できるのは、ほう素です。

コメント