H25 大規模水質特論 問3

生態系モデルを用いて閉鎖性内湾の水質汚濁機構を解明する方法に関する記述として、誤っているものはどれか。

  1. 植物プランクトン等、生態系構成要素の時空間的な挙動の解析には、基本的には拡散方程式が適用される。
  2. 山林からの発生負荷量は、一般的には原単位法が使われている。
  3. 陸起源や、外洋からの有機物や栄養塩の負荷も、生態系モデルを駆動する要因として重要である。
  4. モデルでは、水系の場合、代表的な一次生産者は植物プランクトンが想定されている。
  5. モデルでは、植物プランクトンの増殖速度と呼吸速度の差が植物プランクトン現存量の時間変化となる。

正解.5

植物プランクトン現存量の時間変化の要素となるのは、(5)にある「増殖速度」と「呼吸速度」だけではありません。光合成による増殖は現存量が増える要因となり、呼吸は現存量が減る要因となりますが、そのほか、「動物プランクトンの摂食」、「植物プランクトンの枯死」、「細胞外分泌」も現存量が減る要因となります。

コメント