H24 汚水処理特論 問1

工場の汚水処理計画に関する記述として、誤っているものはどれか。

  1. 向流多段洗浄を採用すると、採用しない場合に比べて、同じ洗浄効果を得るのに必要な洗浄水の量は増加する。
  2. 生産工程の変更は、排水量を減少させる有力な手段の一つである。
  3. 設備を改良して製品の歩留りを向上させることにより、排水の汚濁負荷を減少できる。
  4. 一般には、濃厚で少量の排水は、希薄で大量の排水との混合を避けて個別に処理した方が経済的である。
  5. 副産物の回収は、排水処理のコストも包含した全体のシステムとして評価した上でなされるべきである。

 

 

 

 

 

正解 (1)

 解 説     

向流多段洗浄だと、洗浄液と洗浄対象物が同じ方向に流れる場合と比べて接触機会が増えるため、洗浄水の量も少なくて済みます。また、この方法を取ることにより、洗浄対象物の下流が洗浄液の上流ということになるため、ある程度洗浄されたあとの物を綺麗な洗浄水で洗い、まだ全然洗浄されていない物をやや汚れている洗浄水で洗うことができます。

これは効率的で大きなメリットなので、向流多段洗浄は有利な洗浄方法といえます。

コメント