H24年 ばいじん・粉じん特論 問10解説

堆積場及び屋外施設の粉じん対策に関する記述として、誤っているものはどれか。

  1. 原料運搬道路の舗装は効果的である。
  2. スプレーガンとスプリンクラーによる散水では、散水量、散水半径とも後者が大きい。
  3. 堆積物表面の締め固めは、風による飛散防止に効果がある。
  4. 製品貯石はできるだけタンク式にする。
  5. 製品堆積場の山積み高さを抑えることは、風による飛散防止に効果的である。

 

 

 

 

 

正解 (2)

 解 説    

スプレーガンのほうが名前からして、スプリンクラーよりも水の勢いが強そうです。水の勢いが強ければ、それだけ水量も多く、かつ距離も伸びます。よって、散水量、散水半径ともにスプレーガンのほうが大きいです。

ちなみに、スプレーガンの散水量は1000L/min前後で、散水半径は40m程度です。一方、スプリンクラーの散水量はせいぜい100L/min程度で、散水半径は20mほどです。

コメント