H23 汚水処理特論 問23

ある排水のBODを測定するために、排水を3段階に希釈して試験したところ、溶存酸素濃度は以下の値となった。この排水のBOD(mg/L)はいくらか。なおこの場合、植種は必要としない。

  • (試料希釈倍率)(希釈試料を調製して15分後の濃度、mg/L)(5日間培養後の濃度、mg/L)
  • 2  7.0  0.5
  • 4  8.0  4.0
  • 8  8.5  7.0
  1. 4.0
  2. 6.5
  3. 12
  4. 13
  5. 16

 

 

 

 

 

正解 (5)

 解 説     

JISに定められているBOD測定のポイントとして、培養前後の溶存酸素の消費量が40~70%になる希釈倍数からBODを算出します。

今回の場合、たとえば2倍希釈では、7.0[mg/L]あった溶存酸素が0.5[mg/L]となっているので、消費された溶存酸素は差し引き6.5[mg/L]です。よって、割合でいえば、

となります。同様に計算すると、4倍希釈では50%、8倍希釈では18%のように計算できます。この中で40~70%の範囲に含まれるのは4倍希釈のときだけなので、今回はこのときの数値を使って考えます。

4倍希釈のとき、8.0[mg/L]あった溶存酸素が4.0[mg/L]となっているので、消費された溶存酸素は差し引き4.0[mg/L]です。これに対して希釈していない原液の濃度に直すためには希釈倍率を掛ければ良いので、

となります。

コメント