H23 汚水処理特論 問3

砂ろ過に関する記述として、誤っているものはどれか。

  1. 懸濁物質は、ろ材間の空隙に捕捉・抑留される。
  2. ろ材間の空隙の大きさに比べてはるかに小さい粒子も捕捉される。
  3. 凝集性のないコロイド粒子はほとんど除去できない。
  4. 砂の粒度が不ぞろいなものほど均等係数が大きくなり、ろ材として好ましい。
  5. 最適な逆洗速度は、ろ材単一粒子の沈降速度の1/10と提案されている。

 

 

 

 

 

正解 (4)

 解 説     

均等係数は1に近いほど均等といえ、係数が大きくなるほど不揃いになっていきます。ですが、砂ろ過のろ材は均等なもののほうが除去性能の予測が立てやすいなどの理由で望ましいので、均等係数の大きいものはろ材として好ましくありません。

コメント