ビル管理士試験 H30年 問34解説

 問 題     

VDT作業と健康に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。

  1. エアコンからの風が当たる場所では、ドライアイを引き起こす可能性がある。
  2. ディスプレイ画面における照度は500lx以下とする。
  3. グレアを防止するためには、視野内の輝度はほぼ同じレベル(最大でも1:10程度)にする。
  4. ディスプレイ画面に太陽光が入射する場合には、カーテンなどで調節する。
  5. 書類上及びキーボード上における照度は200lx以下とする。

 

 

 

 

 

正解 (5)

 解 説     

厚生労働省のガイドラインでは、次のように照度が推奨されています。これはたびたび出題がされているので、ぜひ押さえておきたい数値です。

  • ディスプレイ画面上における照度  :500lx以下
  • 書類上及びキーボード上における照度:300lx以上

数値も大事ですが、以下と以上の使い分けにも注意してください。ディスプレイは明るすぎないことが、書類上・キーボード上は暗すぎないことが求められています。

よって、(5)の「200lx以下」が誤りで、正しくは「300lx以上」となります。

コメント