ビル管理士試験 H30年 問19解説

 問 題     

労働安全衛生法に規定する事業者の責務に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。

  1. 事業場の規模に応じて、産業医を選任しなければならない。
  2. 事業場の規模に応じて、健康診断の結果を保健所長に報告しなければならない。
  3. 有害な業務を行う屋内作業場その他の作業場で、必要な作業環境測定を行い、及びその結果を記録しておかなければならない。
  4. 一定規模の事業場においては、常時使用する労働者に対し、医師、保健師等による心理的な負担の程度を把握するための検査を行わなければならない。
  5. 伝染性の疾病その他の疾病で、厚生労働省令で定めるものにかかった労働者については、その就業を禁止しなければならない。

 

 

 

 

 

正解 (2)

 解 説     

健康診断の結果の報告先は、「保健所長」ではなく「労働基準監督署長」となります。

報告先や届出の提出先が誤っている問題はたびたび出題されるので、この手の問題は、報告するものと報告先を正確に結びつけて覚えておく必要があります。

コメント