ビル管理士試験 H30年 問18解説

 問 題     

次の生活衛生関係営業のうち、施設の開設又は営業に当たって許可を要しないものの組合せとして正しいものはどれか。

  1. 映画館
  2. ホテル
  3. 理容所
  4. 公衆浴場
  5. クリーニング所
  1. アとイ
  2. アとウ
  3. イとエ
  4. ウとオ
  5. エとオ

 

 

 

 

 

正解 (4)

 解 説     

「許可を要しないもの」と問題文にありますが、これは「届け出れば良い」という意味です。つまり、許可は必要ないけれども、届出は必要となります。

都道府県知事の許可が必要な施設は、飲食店、興行場、旅館、公衆浴場です。

都道府県知事に届出を出せばよい施設は、理容所、美容所、クリーニング店です。

アの映画館は上記の興行場、イのホテルは上記の旅館に当たると考えると、ア・イ・エが許可が必要で、ウ・オは許可は不要で届出のみで十分ということになります。

コメント