ビル管理士試験 H30年 問17解説

 問 題     

興行場法第3条に規定されている次の条文の( )内に入る語句の組合せとして、正しいものはどれか。

営業者は、興行場について、換気、( ア )、( イ )及び清潔その他入場者の衛生に必要な措置を講じなければならない。その措置の基準については、( ウ )で、これを定める。

   ア   イ     ウ

  1. 採光  防湿  都道府県が条例
  2. 採光  防湿  厚生労働省が省令
  3. 照明  防湿  都道府県が条例
  4. 照明  保温  厚生労働省が省令
  5. 採光  保温  都道府県が条例

 

 

 

 

 

正解 (3)

 解 説     

( ア )と( イ )に関して、この問題は興行場法が出題されていますが、同様の出題で、旅館業法と公衆浴場法のパターンもあります。それぞれ、規定されている項目が微妙に違うので、以下を注意深く確認してください。

  • 旅館業法 :換気、採光、照明、防湿、清潔その他宿泊客の衛生
  • 興行場法 :換気、照明、防湿、清潔その他入場者の衛生
  • 公衆浴場法:換気、採光、照明、保温、清潔その他入浴者の衛生及び風紀

よって、( ア )には「照明」が、( イ )には「防湿」が入ります。

以上で選択肢は(3)のみになるので、これが正解だとわかりますが、一応( ウ )についても確認しておきます。

興行場法には「衛生に必要な措置を講じなければならない」という旨が書かれていますが、具体的な基準については定めがありません。基準については、各都道府県が条例でそれぞれ定めています。これは興行場法に限らず、旅館業法や公衆浴場法でも同じです。

よって、( ウ )には「都道府県が条例」が入ります。

コメント

  1. a より:

    選択肢1.のイが防温になっています。