ビル管理士試験 H30年 問16解説

 問 題     

下水道法に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。

  1. 下水とは生活若しくは事業(耕作の事業を除く。)に起因し、若しくは付随する廃水又は雨水をいう。
  2. 公共下水道の排水区域内の土地の所有者、使用者又は占有者は、その土地の下水を公共下水道に流入させるために必要な排水設備を設置しなければならない。
  3. 公共下水道管理者は、公共下水道を設置しようとするときは、あらかじめ、事業計画を定めなければならない。
  4. 公共下水道の設置、改築、修繕、維持その他の管理は、原則として都道府県が行う。
  5. 公共下水道管理者は、公共下水道などに著しく悪影響を及ぼすおそれのある下水を継続して排除して公共下水道を使用する者に対し、除害施設の設置などの必要な措置をしなければならない旨を定めることができる。

 

 

 

 

 

正解 (4)

 解 説     

(4)の「都道府県」が誤りで、正しくは「市町村」となります。

ちなみに、「原則として」と書いてあるのは、公共下水道が2つ以上の市町村をまたいで設置するときは、その主体が市町村ではなく都道府県になるためです。

つまり、原則として市町村、例外的に都道府県という構図になります。

コメント