ビル管理士試験 H26年 問97解説

 問 題     

建築材料及び部材の性質に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。

  1. コンシステンシーは、流動に対する抵抗性の程度で表されるフレッシュコンクリートの性質である。
  2. 板ガラスは、部分的に加熱されると破壊しやすい。
  3. 普通コンクリートの単位容積当たりの質量は、約2,300kg/m3である。
  4. 建築用木材が加熱されると、一般に200℃前後で自然発火する。
  5. テラゾは人造大理石で、床の仕上げ材として使用される。

 

 

 

 

 

正解 (4)

 解 説     

建築用木材は一般に、着火温度が260℃くらいで、自然発火するのは450℃くらいと言われています。

コメント