ビル管理士試験 2020年 問143解説

 問 題     

清掃作業における転倒事故の防止対策に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。

  1. 出入口やコーナーでは、指差し呼称を行う。
  2. 走ったり、ポケットに手を入れない。
  3. 滑りにくい作業靴や滑り止めカバーを使用する。
  4. 使用する機械・器具は乱雑に置かない。
  5. 通路確保のため周辺を整理整頓して作業に当たる。

 

 

 

 

 

正解 (1)

 解 説     

(1)に関して、出入口やコーナーでは第三者との接触に注意し安全を確保する必要はありますが、指差し呼称が転倒事故の防止に有効なわけではありません。

(2)~(5)の文章はいずれも転倒事故のリスクを下げる行為となっているので、正解は(1)だと判断することができます。

コメント