ビル管理士試験 2020年 問142解説

 問 題     

次の建築物清掃のうち、一般的に日常清掃で行うものとして、最も不適当なものはどれか。

  1. 玄関ホールのフロアマットの除じん
  2. エスカレータのランディングプレートの除じん
  3. 廊下壁面の除じん
  4. 駐車場床面の除じん
  5. 玄関ホールの金属部の除じん

 

 

 

 

 

正解 (3)

 解 説     

作業頻度による分類では、日常清掃、定期清掃、臨時清掃の3通りに分けられます。

  • 日常清掃は、1日1回行う作業です。
  • 定期清掃は、その内容によって週に1回、月に1回、半年に1回など一定の間隔で行う作業です。
  • 臨時清掃は、必要が生じたらその都度行う作業です。

この問題では選択肢の5つのうち4つが日常清掃に該当し、残りの1つが定期清掃または臨時清掃になります。よって、選択肢の中で日常的には汚れなさそうなものを選べばよいということになります。

ここで(3)を見ると、廊下の床面なら汚れやすいといえますが、壁面はそう汚れやすい部分でもない上に、高さのあるところだと作業性が悪く手間が掛かります。そのため、これは定期清掃で行えば充分です。

よって、正解は(3)となります。

コメント