R2 汚水処理特論 問4

 問 題     

5種類の排水A~Eについて、それぞれの水中の固形物の粒度分布を測定し、下図のような沈降速度分布曲線を得た。

表面積100m2の横流式沈殿池に40m3/hの水量の排水を流入させて固形物の沈殿除去をするとき、粒子の分離効率が最も高くなるのは、どの排水か。

ただし、排水は流入部から均一に流入し、池内に乱れや短絡がなく、水の流れは並行であり、かつ粒子は沈降の過程で沈降速度が変わることはないものとする。

  1. A
  2. B
  3. C
  4. D
  5. E

 

 

 

 

 

正解 (3)

 解 説     

まず、問題文より沈殿池の表面積が100m2で、流入水量が40m3/hなので、その比を求めることで沈降速度がわかります。

よって、問題文で与えられた図の中で、沈降速度が40[cm/h]のところに注目します。

縦軸の累積分布というのは、最初の量に対してどのくらいの量が残存するかを表す数値なので、これが高いと全然除去できていないという意味であり、反対にこれが低いとしっかり除去できているということになります。

今回は、粒子の分離効率が最も高くなる(=しっかり除去できている)ものを選ぶ問題なので、沈降速度が40[cm/h]のときにA~Eのうち最も数値の低いものが正解となります。つまり、Cです。

よって、正解は(3)となります。

コメント