R2 大規模大気特論 問10

 問 題     

我が国の鉄鋼プロセスにおける大気汚染防止対策に関する記述として、誤っているものはどれか。

  1. 使用する原料及び燃料の低硫黄化は困難であり、進んでいない。
  2. SOxは焼結炉以外でも発生し、対策が必要である。
  3. 焼結炉排ガスの脱硫方式としては、湿式脱硫法が主流だったが、近年は乾式脱硫法も導入されている。
  4. 焼結炉排ガスの脱硝方式としては、一般に触媒を用いたアンモニア接触還元法が採用されている。
  5. 焼結炉の主排風集じんには、圧損の少ない電気集じん装置が使われている。

 

 

 

 

 

正解 (1)

 解 説    

(1)に関して、鉄鋼プロセスではSOxの発生が問題となるため、排ガス処理による脱硫ももちろんですが、原料や燃料の見直しによる低硫黄化を進められています。

鉄鋼プロセスの原料は鉄鉱石ですが、これは低硫黄分の鉄鉱石への転換が進んでいます。

また、燃料は従来の重油よりも硫黄分の少ない重油を使ったり、そもそも重油ではなくてLNGやLPGを使うケースも増えてきています。LNGやLPGには硫黄がほとんど含まれていません。

以上から、正解は(1)となります。

コメント