R1 大気有害物質特論 問10

 問 題     

JISのICP質量分析法による排ガス中の鉛の分析方法に関する記述として、誤っているものはどれか。

  1. 試料溶液は、硝酸の最終濃度が0.1~0.5mol/Lになるように調整する。
  2. 内標準物質として、試料溶液にイットリウム溶液を加える。
  3. 鉛及び内標準物質のそれぞれの質量/荷電数におけるイオンカウントを測定し、その比を求めて鉛を定量する。
  4. ニッケルやマンガンなども同時に定量できる。
  5. 他の鉛の分析方法と比べて、適用濃度範囲の下限が最も高い。

 

 

 

 

 

正解 (5)

 解 説    

鉛とカドミウムの分析方法には以下の4種類があります。鉛もカドミウムも共通なので、セットで覚えてください。

  • フレーム原子吸光法
  • 電気加熱原子吸光法
  • ICP発光分光分析法
  • ICP質量分析法

このうち、最も微量の測定が可能なのはICP質量分析法です(鉛でもカドミウムでも)。微量測定ができるということは、適用濃度範囲の下限が低いということです。

よって、(5)の「適用濃度範囲の下限が最も高い」が誤りで、正しくは「~が最も低い」となります。

コメント