R1 大気有害物質特論 問8

 問 題     

JISの排ガス中のふっ素化合物分析方法に関する記述として、誤っているものはどれか。

  1. ガス状の無機ふっ素化合物をふっ化物イオンとして分析する。
  2. 0.1mol/Lの水酸化ナトリウム溶液を吸収液として用いる。
  3. ふっ化物イオン標準原液は、ふっ化水素酸を用いて調製する。
  4. 定量は、ふっ化物イオン量と測定値の関係線を用いる検量線法による。
  5. アルミニウム(Ⅲ)の共存が影響を及ぼす場合は、水蒸気蒸留操作によって分離する。

 

 

 

 

 

正解 (3)

 解 説    

(3)に書かれているふっ化水素酸は、ふっ化水素(HF)の水溶液のことです。これはガラスと反応して腐食させる性質が有名ですが、もちろん皮膚などへの腐食性もある反応性の高い物質です。

ふっ化物イオン(F)を得るためだけに敢えてこのような危険な物質を用いる必要はなく、実際にはもっと安全なふっ化ナトリウム(NaF)を使います。これは水中でNaとFに分かれるため、ふっ化物イオン標準原液を作ることができます。

この問題の類題がたびたび出題されているので、ほかの選択肢の内容もきちんと確認しておくことをお勧めします。

コメント