R1 大気有害物質特論 問6

 問 題     

ふっ素、ふっ化水素及び四ふっ化けい素の処理に関する記述として、誤っているものはどれか。

  1. ふっ素の処理には水酸化カリウムや水酸化ナトリウムの水溶液が用いられる。
  2. ふっ化水素は水への溶解度が大きいので、水洗吸収によって除去することができる。
  3. ふっ化水素を硫黄と反応させて、六ふっ化硫黄等として回収する方法がある。
  4. ふっ化水素を含む洗浄水の処理法として、水酸化カルシウムで中和する方法がある。
  5. 四ふっ化けい素を含む排ガスの処理装置では、二酸化けい素の析出による閉塞を考慮する必要がある。

 

 

 

 

 

正解 (3)

 解 説    

(3)の記述は、「ふっ化水素」ではなく「ふっ素」の説明文になっています。

ふっ素は非常に強い酸化剤なので危険性の大きな物質ですが、一方で、六ふっ化硫黄は熱的にも化学的にも非常に安定な物質で、安全性が高いです。よって、ふっ素を回収したいときには、硫黄と反応させて六ふっ化硫黄とするのが一般的です。

また、ふっ化水素を回収したい場合、これは水に溶けやすいのでまず水に吸収させます。この水溶液は酸性を示すので、その後、水酸化カルシウムなどを用いて中和することで回収します。

コメント