H29 大気概論 問10

大気中の粒子状物質の性質と、呼吸に伴って吸入されたときの生体への影響に関する記述として、誤っているものはどれか。

  1. 粒子状物質の生体影響は、濃度以外に粒径及び粒子の化学的性質で決まる。
  2. 微小粒子には、硫酸塩や硝酸塩、元素状炭素などが含まれている。
  3. 口呼吸では、0.05~2μmの粒子は、気管気管支領域への沈着率が低い。
  4. 肺胞領域に沈着した粒子は、肺胞上皮の線毛運動によって呼吸器外へ排出される。
  5. 微小粒子の濃度が高いときには、呼吸器系や循環器系疾患のある者は、健康への影響がみられることがある。

 

 

 

 

 

正解 (4)

 解 説     

(4)のように一度肺胞に付いた粒子が簡単に外に出てくるなら、粒子状物質の健康被害はあまり問題になりません。しかし実際には、肺胞上皮には線毛がなく、沈着した粒子はそのまま留まってしまうため、健康被害が現れます。

コメント