H29 水質概論 問8

水質汚濁負荷に関する記述として、誤っているものはどれか。

  1. 工場や事業場から水系に流入する汚濁負荷量は、流入水中の汚濁物質濃度と流量の積から計算される。
  2. 工場や事業場、農地などで発生した負荷量を発生負荷量という。
  3. 工場や事業場、農地などで発生した負荷が、水系に達した地点での負荷量を到達負荷量という。
  4. 人のBOD発生原単位は500g/(人・日)と見積もられている。
  5. 工場からの汚濁発生量は、原料単位量、製品単位量、工場出荷額などを基準にして推定することもできる。

 

 

 

 

 

正解 (4)

 解 説    

成人1人が1日当たり排出する生活排水中の汚濁物質の原単位(g/(人・日))は、水質概論のほか公害総論でもたびたび出題されますが、以下のようになっています。

場合によってはBODが40g/(人・日)ではなく50g/(人・日)と表される場合もあります。この程度なら誤差として許容できますが、少なくとも(4)にある「500g/(人・日)」は桁が違うので、これは明らかな誤りです。

コメント