H28年 公害総論 問13解説

廃棄物に関する記述として、誤っているものはどれか。

  1. 産業廃棄物とは、事業活動に伴って生じた廃棄物のうち、燃え殻、汚泥、廃油、廃酸、廃アルカリ、廃プラスチック類その他政令で定める廃棄物及び輸入された廃棄物をいう。
  2. 平成24年度における産業廃棄物の総排出量は約3億8千万トンであり、ここ数年減少傾向にある。
  3. 事業者は、その事業活動に伴って生じた廃棄物を自らの責任において適正に処理しなければならない。
  4. 都道府県は区域内の一般廃棄物の処理責任を負う。
  5. 一般廃棄物には、し尿も含まれる。

 

 

 

 

 

正解 (4)

 解 説    

(4)について、一般廃棄物の処理責任は「都道府県」ではなく、「市町村」にあります。

また、産業廃棄物の定義は(1)の通りで、それ以外の廃棄物は一般廃棄物になるため、(5)のし尿についても一般廃棄物に含まれることになります。

コメント

  1. 総論の問13の選択肢2 より:

    平成24年度における産業廃棄物の総排出量は約3億8千万トンであり、ここ数年減少傾向にある。とありますが令和3年の我が国における産業廃棄物総排出量は約四億t前後で推移していると言うのと減少傾向にあるというのは前後と言う言葉が間違いとはならないのでしょうか?

  2. 環境省のHPに より:

    令和2年の環境白書に
    【近年、産業廃棄物排出量は約4億トン前後で推移しており、大きな増減は見られません。】と書いて有ります。
    (2)~(4)は2017年と書いてあるのに(1)だけ書いてないし、何年~とか、何年度とかの書かない。環境白書を見てないと難しい、(4)が毎年同じ数値(推移)なら解けたかも?て問題ですね。自分的には捨て問題だと思います。
    ※2017年だとしても必然的に約4億トン前後になりますよね。

    • 匿名 より:

      丁寧にありがとうございます!あと一問で一種に合格か四つ帰ってくるかなので納得できていませんでした。
      推移しているとしているなら過去10年間も超えていないなら前後ではなく4億トン弱で推移している。もしくは何年から何年までと書いてくれないと個人の受け取り方でかわりますよね…それに環境白書ではなく環境省しらべと曖昧ですし…また頑張ります。また利用させていただいて頑張ります。

  3. 返信した者です より:

    数年前に大気1種取ったですが、年々難しくなっていると思います。各参考書・サイトの傾向と対策に対して協会が対策している気がして・・・。

    自分もこちらのサイトにお世話になって取得出来たので、せめてもの恩返しで調べてみました。

    • 匿名 より:

      近年とあるのであればまさか11年前に一度超えただけで前後、推移しているというのが厳しいですね笑
      近年=5年前くらいまでってイメージでした!

  4. 匿名 より:

    我が国におけるとすると過去に2億トンや3億トンがあれば4億トンとせず近年、もしくは時期をいれるべきではとも思いますがね…

    • 匿名 より:

      環境省が出している日本の廃棄物処理の歴史と現状という書物には1975年から1985年まで二億から三億程度が書いてあり、問題文には環境白書ではなく環境省調べ、選択肢には近年とないので我が国におけるとするとやはり4億トン前後で推移は疑問が残りますね…まあ、また頑張るしかないです笑

  5. 匿名 より:

    産業廃棄物排出量の推計方法を図-II・2に示す。排出量の推計は産業廃棄物の種類ごと に、都道府県別及び業種別に行った。
    なお、平成 23 年度以前の推計方法(図-II・3)では、一部の中分類別排出量の推計が欠 落するため、平成 24 年度より推計方法の見直しを行った。そのため、過年度調査の推計結果 とデータ的には連続していないことに留意する必要がある。とあるので過去の値は関係なかったかもしれません。しかし24年以降4億トンを超えていないのも気になります。