H27 公害総論 問10

環境省の平成24年度地下水質測定結果(概況調査)に関する記述として、正しいものはどれか。

  1. 調査対象井戸のうち、環境基準を超過する項目がみられた井戸は1%以下であった。
  2. 1,4‒ジオキサン及び塩化ビニルモノマーには、地下水の環境基準が定められていない。
  3. トリクロロエチレンは、依然として2%以上の環境基準超過率があり、汚染が改善されていない。
  4. 環境基準超過率が最も高いのは、硝酸性窒素及び亜硝酸性窒素である。
  5. ひ素は、環境基準超過率が1%以下に低下し、汚染が大幅に改善されている。

正解.4

この問題は消去法でも良いのですが、(1)がややマニアックな知識になるため、できれば直接(4)を選びたいところです。

(1)について、調査対象井戸3655本のうち224本で超過しているため、その比率は6.1%となります。

(2)で、1,4‒ジオキサンと塩化ビニルモノマーはいずれも、平成21年度から環境基準が設定された物質です。

(3)について、最近は0.0%~0.1%を推移しているため、かなり改善されたといえます。

(4)で、例年「硝酸性窒素及び亜硝酸性窒素」が最も高く(H24は3.6%)、次いで「ひ素」がきます(H24は2.3%)。

(5)について、(4)の解説の通り、ひ素は例年2%前後なので、まだ大幅な改善には至りません。

環境基準の達成率に関する最新の数値はこちらのページにまとめてあります。

コメント