H26 大気特論 問6

燃焼装置の低温腐食と高温腐食に関する記述として、誤っているものはどれか。

  1. 低温腐食の原因は、排ガス中のSO3である。
  2. 排ガスの温度が酸露点以下では、ガス状の硫酸が凝縮する。
  3. 高温腐食の一つであるバナジウムアタックは、燃焼ガス中のNOxが五酸化バナジウムによる腐食作用を促進したものである。
  4. 高温部の伝熱面温度を下げることが、高温腐食の対策として効果的である。
  5. 高温伝熱面の付着物を落とすスートブロワーを適切に配置するのが、高温腐食の対策として効果的である。

正解.3

バナジウムは高温になると溶け出すので、これが燃焼装置の伝熱面を溶かします。この高温腐食現象をバナジウムアタックと呼びます。また、そこにナトリウムが存在すると腐食作用が促進されるため、高温腐食対策としては、バナジウムやナトリウムの少ない重油を使用することが効果的です。

(3)の文中にある「燃焼ガス中のNOx」は、水蒸気と反応して硝酸や亜硝酸になり、やはり腐食の原因となりますが、これは高温腐食(バナジウムアタック)ではなく、低温腐食に分類されます。

コメント