過去問 H26 汚水処理特論 問11

H26 汚水処理特論 問11

流入BOD濃度800mg/L、流入水量50m3/dに対する活性汚泥法に関する記述として、誤っているものはどれか。ただし、vを曝気槽容積(m3)、sをMLSS濃度(kg/m3)とする。

  1. V=100、S=2.0のときのHRTは、2.0dである。
  2. V=100、S=2.0のときのBOD容積負荷は、0.40kgBOD・m-3・d-1である。
  3. V=100、S=2.0のときのBOD汚泥負荷は、0.20kgBOD・kgMLSS-1・d-1である。
  4. V=80、S=2.5のときのBOD汚泥負荷は、0.25kgBOD・kgMLSS-1・d-1である。
  5. V=80、S=2.5のときのBOD容積負荷は、0.50kgBOD・m-3・d-1である。

解答・解説を表示

正解 (4)

(1)で、HRTとは、Hydraulic Retention Timeの略で、日本語では水理学的滞留時間といいます。HRTの式は、曝気槽容積(m3)/流入排水量(m3/日)なので、以下のように計算することができます。

(2)において、流入BOD量は

となるので、BOD容積負荷は以下のようになります。

(3)のBOD汚泥負荷は、(2)で算出した流入BOD量を使うと、次のとおりです。

(4)で、これも汚泥負荷なので、(3)と同様に考えることができます。

(5)は容積負荷なので、これは(2)と同様で、次のように計算できます。

コメント