H26 大規模水質特論 問10

大規模食料品製造工場の排水処理に関する記述として、最も不適切なものはどれか。

  1. ビール工場では、醸造系からの廃液と容器充塡工程の廃液が総合排水として集められて処理される。
  2. ビール工場の排水処理として、活性汚泥法の前段にUASBが導入されている。
  3. 清涼飲料工場の排水中の有機物のほとんどは、糖質と有機酸である。
  4. 清涼飲料工場の総合排水は水質変動が大きく、滞留時間の長いラグーン方式も採用されている。
  5. コーヒー製造排水は、好気的生物処理の処理水に色度が残留するため、嫌気処理を追加する場合がある。

 

 

 

 

 

正解 (5)

 解 説    

「嫌気処理」ではなく、「凝集沈殿処理」を追加すると効果的です。

コメント