H25 水質有害物質特論 問1

重金属排水の処理に関する記述として、誤っているものはどれか。

  1. 凝集沈殿法で処理するためには、一般にアルカリ剤によるpH調整が必要である。
  2. 水酸化物法は、カセイソーダや消石灰を添加して処理する方法である。
  3. イオン交換法では、陽イオンを分離するときには陽イオン交換樹脂を用いる。
  4. 置換法は、キレート剤で封鎖されている重金属を他の無害な金属で置換し、置換された重金属を水酸化物として沈殿させる方法である。
  5. フェライト法は、鉄(Ⅲ)イオンを含む溶液にアルカリを加え、酸化処理によりマグネタイトを生成させる方法である。

 

 

 

 

 

正解 (5)

 解 説     

フェライト法は、鉄(Ⅱ)イオンを含む溶液にアルカリを加えた後、酸化処理してマグネタイトを生成させる方法です。

コメント