H25 大規模水質特論 問10

ビール製造及び清涼飲料製造における排水処理に関する記述として、最も不適切なものはどれか。

  1. 滞留時間を短くして迅速な処理ができるラグーン方式が採用されている。
  2. 嫌気性菌を用いた処理方法であるUASBがビール工場などの排水に適用されている。
  3. 清涼飲料工場の排水中の有機物のほとんどは、糖質と有機酸である。
  4. ビール工場の総合排水のCODCrは250~1500mg/L程度である。
  5. コーヒー製造排水は、好気的生物処理の処理水に色度が残留するため、凝集沈殿処理を追加する場合がある。

正解.1

ラグーン方式が採用されているのは間違いないのですが、ラグーン方式は低負荷条件で長時間かけて浄化処理する方法です。特に清涼飲料製造から出る排水は水質に変動が大きいため、負荷変動を小さくするためにこのような処理方法をとっています。

コメント