H24 汚水処理特論 問18

物理化学処理装置の維持管理に関する記述として、誤っているものはどれか。

  1. pH計は、定期的な標準液による校正と電解液の補給、電極の洗浄作業が必要である。
  2. 加圧浮上装置では、加圧下で空気を十分に溶解させた加圧水が順調に作られなければならない。
  3. 高濃度の浮遊物質を含む排水は、清澄ろ過装置にかける前に、凝集沈殿などの前処理を行って、浮遊物質濃度を下げておく必要がある。
  4. 充塡塔型活性炭吸着装置では、浮遊物質による目詰まりを避けるため、できる限り清澄な水を通水する必要がある。
  5. 膜ろ過装置の薬液洗浄には、塩化鉄(Ⅲ)を使用する。

 

 

 

 

 

正解 (5)

 解 説     

塩化鉄(Ⅲ)は凝集剤としてよく使われるので、使いどころは膜ろ過装置ではなく凝集沈殿槽などです。

膜ろ過装置の薬液洗浄には、水酸化ナトリウム、次亜塩素酸ナトリウム、くえん酸、しゅう酸などが用いられます。

コメント