H24 大規模水質特論 問5

海洋における溶存酸素量の変動に関する記述として、誤っているものはどれか。

  1. 硝化により減少する。
  2. 飽和酸素量と溶存酸素量が異なるとき、大気―海洋間の交換により増加または減少する。
  3. 溶存体有機物の分解によって減少する。
  4. 動物プランクトンの呼吸により減少する。
  5. 飽和酸素量は水温と栄養塩濃度から求めることができる。

 

 

 

 

 

正解 (5)

 解 説    

栄養塩というのは、さまざまな塩類のうち、生物が生きるために必要な塩類のことを指します。確かに飽和酸素量は塩類の濃度に影響されるのですが、生き物の話ではないので、それが栄養になるかどうかは関係ありません。

つまり、飽和酸素量を求めるために必要なのは、「水温」と「塩分」となります。

コメント