H23 汚水処理特論 問19

活性汚泥処理装置の維持管理に関する記述として、誤っているものはどれか。

  1. 曝気槽のpHが中性付近になるように管理する。
  2. 排水に窒素、りんなど微生物の栄養塩が含まれていないときは、BOD:N:P=100:5:1を目安に添加する。
  3. 溶存酸素計を設置するときは、原水の流入場所にする。
  4. 活性汚泥のSVIが小さい方が、沈降しやすい。
  5. 硝化を促進するには、曝気槽の溶存酸素濃度をBOD除去の場合より高めにする。

 

 

 

 

 

正解 (3)

 解 説     

溶存酸素濃度が大事なのは、これの多寡によって曝気槽での反応速度が変わってくるためです。であれば、原水に含まれる溶存酸素を調べるよりは、曝気槽での溶存酸素を調べるほうが有益です。

よって、溶存酸素計は、曝気槽内に設置するべきです。

コメント