ビル管理士試験 2019年 問141解説

 問 題     

建築物における衛生的環境の維持管理について(平成20年1月25日健発第0125001号)に示された、建築物環境衛生維持管理要領に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。

  1. 帳簿書類には、清掃、点検及び整備を実施した年月日、作業内容等を記載する。
  2. 清掃用機械及び器具は、清潔なものを用い、汚染度を考慮して区域ごとに使い分ける。
  3. 大掃除においては、1年以内ごとに1回、日常清掃の及びにくい箇所等の汚れ状況を点検し、必要に応じ除じん、洗浄を行う。
  4. 清掃用機械及び器具類、清掃用資材の保管庫は、6カ月以内ごとに1回、定期に点検する。
  5. 収集・運搬設備、貯留設備等の廃棄物処理設備は、6カ月以内ごとに1回、定期に点検する。

 

 

 

 

 

正解 (3)

 解 説     

(3)について、大掃除の作業内容は記述の通りですが、その頻度が間違っています。大掃除は、「6カ月以内ごとに1回」行う必要があります。

コメント