ビル管理士試験 H30年 問44解説

 問 題     

消毒用エタノールを用いた薬液消毒に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。

  1. 70%溶液が至適濃度である。
  2. 手指や皮膚の消毒に用いられる。
  3. 一部のウイルスには無効である。
  4. 殺菌力はホルマリンによって減少する。
  5. 芽胞に対して有効である。

 

 

 

 

 

正解 (5)

 解 説     

(3)と(5)に関して、消毒用エタノールは、芽胞や一部のウイルスには無効です。よって、(3)は正しいですが(5)が誤りなので、正解は(5)となります。

ちなみに、芽胞やエタノールの効かないウイルスに対しても、ホルマリンを使うと効果的である場合が多いです。

コメント