ビル管理士試験 H30年 問6解説

 問 題     

建築物環境衛生管理基準に基づく空気環境の調整に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。

  1. 温度の基準は、15℃以上29℃以下である。
  2. 相対湿度の基準は、40%以上70%以下である。
  3. 粉じん計は、2年以内ごとに1回較正する。
  4. ホルムアルデヒドの測定は、毎年6月1日から9月30日までの間に行う。
  5. 測定位置は、居室の中央部の床上70cm以上160cm以下である。

 

 

 

 

 

正解 (2)

 解 説     

(1)と(2)に関して、空気環境の基準値は以下の表の通りです。いずれの項目の数値も重要事項(頻出問題)なので、できるだけ、表をまるごと覚えておきたいところです。

上表から、(1)が誤りで、(2)が正しいことがわかります。

(3)について、粉じん計の較正は、1年以内ごとに1回、実施する必要があります。

(4)の時期は合っていますが、毎年行う必要はありません。

正しくは「新築・増築、大規模の修繕、大規模の模様替えを完了し、当該建築物の使用を開始した時点から直近の6月1日から9月30日までの間に定期に実施すること。」と定められています。

というのも、ホルムアルデヒドは新築や改築したてのときが一番濃度が高く、あとは徐々に抜けていくので毎年測定する必要がないからです。

また、期間が夏(6月~9月)に限定されているのは、夏場のほうが気温が高く、ホルムアルデヒドが気化しやすいからです。ホルムアルデヒド濃度が高い時期に測定をして問題がなければ、年中大丈夫、という考え方です。

(5)は、「70cm以上160cm以下」ではなく、「75cm以上150cm以下」となります。基本的には人が吸い込む空気環境を測定したいので、子どもの口の高さ~大人の口の高さが目安です。

とはいえ、(5)の数字も結構微妙なところではあるので、この問題は消去法ではなく、重要事項である選択肢(2)を積極的に選ぶべきです。

コメント