ビル管理士試験 H29年 問167解説

 問 題     

蚊の防除に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。

  1. 昆虫成長制御剤(IGR)は、幼虫に対する速効的な致死効果が認められる。
  2. ライトトラップや粘着トラップで捕獲した蚊の数は、維持管理の水準を評価するために有用である。
  3. チカイエカ対策として、浄化槽の通気管に防虫網を設置する。
  4. 樹脂蒸散剤は、密閉性が保たれている空間では、1~3ヵ月間の効果が期待できる。
  5. 成虫防除のための燻煙(くんえん)やULV処理では、残効性が期待できない。

 

 

 

 

 

正解 (1)

 解 説     

昆虫成長制御剤(IGR)は、幼虫や蛹の成長の過程において薬剤が作用して、致死効果を得るものです。しかし、成長に必要なタンパクやホルモンの合成を阻害するというメカニズムのため、効果にはやや時間が掛かります。

これに関連して、昆虫成長制御剤(IGR)は上記のように成長過程に作用するメカニズムのため、蚊の成虫に対しては効果がありません。

コメント