ビル管理士試験 H28年 問42解説

 問 題     

食物や水が主な感染源となる感染症として、最も適当なものは次のうちどれか。

  1. デング熱
  2. A型肝炎
  3. インフルエンザ
  4. 梅毒
  5. 日本脳炎

 

 

 

 

 

正解 (2)

 解 説     

(1)のデング熱と(5)の日本脳炎は、いずれも蚊に刺されることによって感染します。ちなみに原因となるのは、それぞれデング熱ウイルス、日本脳炎ウイルスです。

(2)のA型肝炎はA型肝炎ウイルスによる感染症で、これに汚染された食物や水を摂取することで感染する経口感染が主です。よって、これが正解となります。

(3)のインフルエンザは、インフルエンザウイルスが原因で生じる疾患で、感染者の咳やくしゃみなどを吸い込むことで感染します。つまり、飛沫感染が主な感染経路となります(主な経路ではないですが、接触感染で感染することもあります)。

(4)の梅毒は梅毒トレポネーマに感染することによって起こる疾患で、感染経路は主に性行為です。

コメント