ビル管理士試験 H26年 問55解説

 問 題     

空気汚染物質に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。

  1. 一酸化炭素の建築物内の発生源は、燃焼器具や駐車場排気の侵入などである。
  2. アスベストは、人工的に作られた繊維状鉱物の総称である。
  3. 窒素酸化物の発生源として、自動車排気ガスや燃焼器具などがある。
  4. オゾンは、コピー機やレーザプリンタなどが室内発生源である。
  5. 二酸化炭素の発生源は、ヒトの呼吸や燃焼器具などである。

 

 

 

 

 

正解 (2)

 解 説     

アスベストは天然に産出する鉱物で、建築資材として広く使用されてきました。のちに発がん性などが発覚して使用禁止になりましたが、すでにアスベストが使用されている建物を解体する際などは、今でもアスベストが飛散する恐れがあります。

コメント

  1. シルキー より:

    3番が正答ではないでしょうか?
    2)繊維状に加工したのは人工によるものでは?
    3)排気ガスのNOxは化石燃料の燃焼により発生すりのでは?