ビル管理士試験 H25年 問155解説

 問 題     

外装の清掃に関する次の記述のうち、最も適当なものはどれか。

  1. 磁器タイルは、他の素材より汚れが目立ちやすいので、清掃回数を多くする。
  2. 金属材の清掃は、汚れが軽度のうちに、全面の汚れを研磨剤でこすり取る。
  3. 窓ガラスの清掃回数は、汚れの固着を防止するため1~2年に1回行う。
  4. アルミニウム板は通常、表面に保護膜が施されているが徐々に汚れが付着する。
  5. 自動窓拭き設備は、研磨剤をガラス面に噴射して洗浄し、真空吸引装置で回収する。

 

 

 

 

 

正解 (4)

 解 説     

(1)で、磁器タイルは他の素材に比べて汚れが目立ちにくいです。そのため、清掃回数を減らせるというメリットがあります。

(2)は、軽い汚れで研磨剤を使う必要はありません。スポンジでこすったり、高圧洗浄で洗い流したりするだけで充分です。

(3)で、窓ガラスは景観の面からもまめな清掃が必要です。そのため、2~3ヵ月ごとに一度、清掃を行います。

(5)で、ガラス面に研磨剤を使うとガラスが傷だらけになってしまいます。研磨剤ではなく普通の水や洗剤液を噴射して洗浄します。

コメント