ビル管理士試験 H22年 問167解説

 問 題     

建築物内の蚊の防除に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。

  1. 樹脂蒸散剤は、浄化槽のような密閉空間で成虫防除に効果を発揮する。
  2. 浄化槽に殺虫剤を処理する場合は、クレゾールなどの殺菌剤を含有する製剤を使用する。
  3. 排水槽内の成虫の発生状況は、粘着トラップによる捕獲数で調査する。
  4. 成虫防除に用いられるULV処理は、残効性が期待できない。
  5. 排水槽内の幼虫の生息状況は、柄杓などですくい取られた数により調査する。

 

 

 

 

 

正解 (2)

 解 説     

浄化槽にクレゾールなどの殺菌剤を使用すると、水処理の役に立っている微生物を殺してしまうことになります。よって、これら殺菌剤の使用はできません。

コメント