ビル管理士試験 2020年 問156解説

 問 題     

我が国の廃棄物処理政策の変遷に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。

  1. 1950年代に、汚物を衛生的に処理し、生活環境を清潔にすることを目的に清掃法が制定された。
  2. 1970年代の廃棄物の処理及び清掃に関する法律(以下「廃棄物処理法」という。)の制定により、「汚物」に加えて、新たに「不要物」の概念が導入された。
  3. 1980年代に、最終処分場の確保難等に対処するため、廃棄物処理施設整備の推進が図られた。
  4. 1990年代に、「廃棄物」を「一般廃棄物」と「産業廃棄物」に分類し、廃棄物の適正処理が図られた。
  5. 2000年代に、廃棄物等の発生を抑制(リデュース)するとともに、再利用(リユース)及び再生利用(リサイクル)が図られた。

 

 

 

 

 

正解 (4)

 解 説     

(4)に関して、廃棄物を一般廃棄物と産業廃棄物に分類したのは、1970年(昭和45年)の廃棄物処理法制定時です。よって、(4)の記述は1990年代の話ではありません。

コメント