ビル管理士試験 2020年 問145解説

 問 題     

粒子状物質とその粒子の大きさとの組合せとして、最も適当なものは次のうちどれか。

  1. 沈降性大気じん         0.1μm~0.5μm
  2. たばこ煙            1μm~10μm
  3. 花粉              10μm~100μm
  4. 掃除機の排気中の粒子      50μm~500μm
  5. ダストクロス清掃による発じん  100μm~1,000μm

 

 

 

 

 

正解 (3)

 解 説     

粒子状物質とその粒子の大きさに関する問題はたびたび出題されています。そのため、以下に示す主要なエアロゾル粒子については、その粒径の目安を覚えておくことが望ましいです。

今回はマイナーどころの粒子が多く取り上げられているため、(1)、(4)、(5)が上表に記載されていません。しかし、上表の知識がしっかりと頭に入っていれば、(3)の花粉の大きさが選択肢の数値と同等であるため、きちんと正解を選ぶことができます。

よって、正解は(3)となります。

上図のように解ければ十分だとは思いますが、念のため、選択肢にある粒子の大きさを以下に示します。個人的には、上表を数値さえ覚えれば、以下は気にしなくて大丈夫だと思います。

  1. 沈降性大気じん         1μm~100μm
  2. たばこ煙            0.1μm~1μm
  3. 花粉              10μm~100μm
  4. 掃除機の排気中の粒子      0.2μm~10μm
  5. ダストクロス清掃による発じん  0.7μm~10μm

コメント